セパタクローを観戦しました!

生で見るとカッコよさに圧倒されます

 

1度札幌のセパタクローチームの練習試合を生で見たことがありますが、迫力があります。
アタックはジャンプして、ネットの高さまで足を出しボールを蹴りこむ。ブロックは体の下半身全体を使って足で止める。
生で観戦する前に、1度テレビで見たことあるのですが、こんな非現実的なことを人間は出来るのかと思っていました。

 

初めて生で見た時の感想、まず一言目は「カッコいい」です。
バレーボール大好きなので、セパタクローにすぐにはまりました。
ネットの高さが152.4cm。小さい女性と同じ高さです。
そこまで足を上げるということは、体全体を持ち上げるのと一緒ですよね。
ジャンプ力すごいです。なんでそんなに飛べるの?そして早いボールを打てるの?
サッカーのオーバーヘッドキックでも、あそこまで飛ばないと思います。
それをまた体全身を使ってジャンプしてブロックする…。
バレーボールもすごいですけど、アクロバティックなのはセパタクローの方です。圧倒されます。
スパイクは、本当にアクロバティックです。

 

『足のバレーボール』と言われているセパタクロー。
まずボールがプラスチック製で出来ています。ネットもバレーボールより低いです。
腕と手は、絶対に使ってはいけません。
1人で続けて3回までボールにタッチできる。バレーボールは1人1回です。
守備位置のローテーションがありません。

 

その他はネットタッチがダメ。オーバーネットをしたらダメなど、バレーボールとルールは同じです。
私が見た練習試合では、全力でジャンプしてネットにぶつかっていくような戦い方をしていたので、それでネットのことも気にしているということは、すごいですよね。

 

学生のチームで戦う学生の大会や、社会人チームが戦う大会など16回行われます。都内だけではなく、北海道や大阪でも見ることができます。
男子ですが、日本代表チームもあります。アジア大会や、世界選手権も開催されるほどになりました。
トップ選手のアタックは、時速140kmを超えると言われています。

 

今度は本気のセパタクローを生で見てみたいです。